あわうた①~基礎編~

あわうたって?①

うたのヨガでも歌っている「あわうた」。
ただの歌じゃない奥深さと面白さがあり、シリーズでご紹介していこうと思います!

 

ヲシテ文字で書かれるあわうた

あわうたは、ヲシテ文字(神代文字のひとつ)48音から構成される五七調の歌です。

(↑あわうた。ネットから拝借。)

 

もう少し丁寧に言うと、

ヲシテ文字で書かれたヲシテ文献(ホツマツタヱ、ミカサフミ、フトマニの総称)の中に出てくる歌です。

ヲシテ文献は、古事記や日本書紀の原書と言われていたりもしてます。

 

その中であわうたは「イザナギとイザナミが乱れた世を整えるために歌った」と書かれており、

また”心身(五臓六腑)を整えるうた”とも言われています。

(※↑すごくざっくりとした説明です。)

 

ヲシテ文献は日本古来の思想や、物理・科学・医療・哲学などのいろんな学問がぎゅっと詰まってて、

ちゃんと解読できれば最先端の技術的なんだろうと感じています。

 

もうね、本当にたくさんのことが書かれてて、読むのむっちゃ楽しい。

夜寝れなくなります。あー変態。

 

あわうたの構成

あわうたは、

「あ」から始まり、「わ」で終わる48音構成です。

 

なぜ「あ」で始まり「わ」で終わるのか?

再びヲシテ文献に戻ります。

文献では「う」が宇宙の始まりの言霊で、そしてそこから「あ」「わ」が生まれています。

(↑フトマニ図、ネットから拝借。)

 

ちなみに。日本の造化三神の神様、

・天之御中主神=「う」

・高御産巣日神=「あ」

・神産巣日神=「わ」

に対応しています。

※もちろん他の言霊も日本の神様と対応してそれぞれの働きがありますよ。

 

余談ですが、

インド、ヨガでも宇宙の始まりはAUM(オーム)と言われていますが、

AUW(あうわ)とも似ていますね。

MとWは回転方向の見方の違いじゃないかとふんでいます。

 

話を戻しまして、

「あ」は「天」を指し、

「わ」は「地」を指すと言われています。

 

そして、「あ(天)わ(地)のエネルギーの交合でや(人)が生まれる」とのことで、

※こんな感じ

あ(天)


や(人)


わ(地)

 

そのため、(他にも理由はありますが)あわうたも「あ」から始まり「わ」で終わっています。

 

「あ」と「わ」の意味は「天」「地」だけではなく、

「あ」=天、日、男性性、左回り、陽

「わ」=地、月、女性性、右回り、陰

というような意味も含まれています。

 

物語では、

“最初の24文字がイザナギ(男神)が歌い、次の24文字をイザナミ(女神)が歌って世直しをした”

と言われ、各言霊が身体の様々なところに作用し五臓六腑を整えます。

 

少し脱線しましたが、

「あ」「わ」と繋がっていること、

つまりもともと「天」「地」と繋がっているのが人なんだよ〜ってことにここでは注目します。

 

「あわ(天地)」と繋がるって?

「あ」「わ」が指す意味をふまえると、

「あわ(天地)と繋がる」とは、「二つのものを繋げる、二極の統合」というような意味合いが見て取れると思います。

 

「天地と繋がる」と言われてもピンとこないと思いますので、他の言い方を考えてみました。

 

哲学的に言うと、「形而上と形而下の一致」

(※ますます意味不明かも、笑)

 

宗教的に言うと、「自分の中の神性と繋がる」

(少しわかりやすい?)

 

今風に言うと、「本音と繋がる」「ありのままの私で生きる」「宇宙(大自然)と調和して生きる」

(これなら!)

 

みたいなところでしょうか。

事実、人はもともと天地と繋がっているのですが、

・その繋がりを忘れていたり

・繋がりが希薄になっていたり

・繋がり方を間違えている

のが現代の人です。

 

100%私らしく生きている!って断言できる人はなかなかいないだろうし、

そもそも社会全体を見ても完全にそうなっているようにはあまり思えません。

 

単にイメージや妄想ではなく、

“身体的”、”精神的”に「あわ(天地)との繋がりを思い出す」必要があるんじゃないかなっと感じています。

 

じゃあどうやって思い出すの?

具体的にどういうことだろう?

を重点的に、次回へ続きます〜

 


≫info

うたのヨガWS

・毎月最終木曜日(10月は..25日)
・神戸市東灘区の北畑会館にて
・10時〜12時
・3000円(小学生未満無料)

あわうたもやっています♪
▷詳細、お申し込みはこちらから


 

あわうた①~基礎編~” に対して4件のコメントがあります。

  1. miromiro より:

    私の知らない世界の入口
    偶然目にした通販のサプリにあわうたの事を書いたもの
    からあわうたを検索して、こちらを見させていた
    すごいですね~
    まだまだ知らないことがたくさん
    続きを読みたくなりました

    1. asai yumi より:

      コメントありがとうございます(^^)
      あわうたは気になる記述も多いですよね、私もとても楽しく読み解いてます。
      また更新がんばります♩
      最近メインで書いてるamebloもよければよろしくお願いします。

  2. なっちゃんママ より:

    私は…神道を信仰している者です。
    円盤状に記載されている古代神字は
    勉強している本の中にも出て来ています、あわのうたを初めて聴いた時
    、何だかとても懐かしい…昔々遥か昔(大好きで)歌って居た要な気が拭えませんでした。習いたいと思いましたどこかで教えて下さるサークルが在ると良いなぁと思います。

    1. asai yumi より:

      コメントありがとうございます(^^)
      あわうたに出会ったのも何かのご縁ですよね。
      ゆくゆくはあわうたを楽しく学べ歌えるワークショップもしたいと思っています。
      またそちらでもご縁がありましたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です